高層階からの眺めが良く人気が高まっているタワーマンション。
セキュリティシステムや共用設備も充実していて、住んでいるだけでステータスを感じることができます。
以下では、タワーマンションで一人暮らしをする際のメリットや注意点について解説していきます。

  1. 一人暮らしをするためのポイント
  2. 一人暮らしをする場合の家賃相場
  3. 一人暮らしをするメリット
  4. 一人暮らしをする際の注意点
  5. 憧れの一人暮らしを実現しよう!

一人暮らしをするためのポイント

タワーマンションで一人暮らしをするために押さえておきたいポイントをいくつかみていきましょう。
まずは費用の問題ですが、タワーマンションは、セキュリティや共用設備が充実していることから家賃が高く設定されているのが一般的であり、そのため、タワーマンションに住むには一定水準以上の収入を得ている必要があります。
広く知られているように、家賃は手取り月収の30パーセントが理想です。
この基準を超える場合は、食費や交際費、通信費などのバランスをうまく考えることが必要になります。
次に、一人暮らしをする以上、一人で自分の身の周りのことが問題なく行える必要があります。
一人暮らしの場合、ごく当たり前ではありますが、ご飯やお風呂が準備されていることはありません。明日着ていく服がなければ洗濯だってする必要があるでしょう。
もちろん、自炊が面倒であれば外食で済ませたり、アイロンがけが大変であればクリーニングに出したりすることもできますが、いざという時のためにそういったスキルを身に着けておくことは、一人暮らしをする上で重要なポイントと言えます。
さらに、タワーマンションによっては共用スペースで他の住人と顔を合わせることも多いため、ちょっとしたコミュニケーションの場も発生します。
同じ階に住む住人や、毎朝エレベーターで一緒になる住人とは最低限挨拶を交わす程度の関係を築いておきたいところです。
また、自治会や交流イベントが行われるタワーマンションもあり、そういった機会で人脈を築くのもタワーマンションならではかもしれません。
さらに、地震や火事など災害が発生した時には隣近所で助け合わなければなりません。
住人同士気持ちよく暮らすためにも、顔を合わせたら積極的に挨拶を交わし、近所づきあいもおろそかにしないよう心掛けておきましょう。

一人暮らしをする場合の家賃相場

次に、タワーマンションで一人暮らしをする場合の家賃相場をみてみましょう。
タワーマンションの多くは分譲住宅として販売されていますが、分譲賃貸として貸し出されている場合もあります。
家賃は1Kから1LDKの間取りの場合、20万円から50万円くらいが相場です。
角部屋や日当たりの良さ、階数によって価格が変わるのが特徴で、低層階よりも高層階が、北西よりも南東向きの部屋の方が高くなる傾向があります。
タワーマンションの場合、周りに遮るものが何もない高層階から望むパノラマビューが何といっても魅力でしょう。
この素敵な景色を独り占めしたいならば、高層階のお部屋がおすすめです。
タワーマンションは購入を前提として造られている分譲マンションが多いため、1Kや1LDKのシングル向けの間取りでも、キッチンやバスルームなどの水回りが広く確保されている場合が多く見られます。
その分、一般的なシングル向けの賃貸マンションと比較すると、必然的に専有部分自体の面積が広くなる傾向にあります。
それに加えて、シングル抜けの間取りであっても、食器洗浄乾燥機や床暖房、ディスポーザーなど、ファミリー向けの間取りと同等の設備が備え付けられてることが多いです。
そういった様々な観点から、タワーマンションは一般的な賃貸マンションよりも家賃相場が高い傾向にあります。
タワーマンション 一人暮らし

一人暮らしをするメリット

タワーマンションの一人暮らしには、いくつかメリットがあります。
まず、タワーマンションはオートロックや防犯カメラ、テレビ付きインターホンなどセキュリティがしっかりしているので、女性の一人暮らしでも安心して暮らすことができます。
マンションによっては24時間セキュリティシステムを採用しているところや、3重、4重のセキュリティラインが設定されているところもあります。
また、タワーマンションはセキュリティ以外の共用設備も豊富です。
たとえば、エントランスに設置されている宅配ボックスのおかげで、日中留守にしていても宅配便を受け取ることができます。
再配達の手間が省けるので一人暮らしには欠かせない設備と言っても過言ではありません。
アウトドアグッズや車の部品など大きな荷物がある方にはトランクルームの利用が便利です。
さらに、24時間利用可能な各階ゴミステーションのおかげで常にお部屋を綺麗な状態に保つことができます。
他にも、ホテルライクなコンシェルジュサービスや客人をおもてなしするゲストルーム、入居者限定のフィットネスジムといった設備のあるタワーマンションもあります。
1階部分にスーパーやコンビニなどの商業施設が入ったタワーマンションであれば、いつでもお買い物に行くことができて大変便利です。
さらに、お部屋の方も、ディスポーザーや床暖房、ビルトイン食器洗浄乾燥機など最新設備が導入されていることもあります。
もちろん高層階であれば、毎日きれいな景色を眺めることも可能です。
おまけに、タワーマンションでは、エレベーターや消火設備などの定期メンテナンスも充実しているので、安心して暮らすことができます。
タワーマンション 暮らす

一人暮らしをする際の注意点

快適な設備が整い、一人でも暮らしやすいタワーマンションですが、いくつか注意点があるのでご紹介します。
高層階の場合、朝の出勤時間帯などはエレベーターが混雑して、なかなか下に降りられないことがあるので注意が必要です。
タワーマンションの多くは、低層階用エレベーターと高層階用エレベーターに分かれているため、ある程度混雑を緩和するようできていますが、それでも通勤時間帯には多くの方が利用するので、数分待たないと上階までエレベーターがやってきません。
時間に余裕をもって部屋を出るか、混雑の時間を避けてエレベーターを利用することをおすすめします。

管理費が高いというのも特徴の一つでしょう。先に述べたようにタワーマンションでは便利な設備が利用できるので、セキュリティや共用設備等のサービス料がかかります。
コンシェルジュや清掃、警備などの人件費がかかる分、管理費が高くなってしまう場合もあります。

憧れの一人暮らしを実現しよう!

タワーマンションに住めば、高層階から素敵な眺めを楽しむことや、安心のセキュリティ設備に守られ、快適な暮らしを送ることが可能です。
高級感とラグジュアリーな雰囲気を味わえるのもタワーマンションの魅力でしょう。
このようなメリットや注意点を踏まえて、理想の一人暮らしを満喫できるようなお気に入りのタワーマンションを見つけてください。